区民・事業者・練馬区等がともに地球温暖化防止をめざす

地球温暖化への取り組み

練馬区の取り組み

練馬区の地球温暖化に関する計画

経緯

 京都議定書やパリ協定に準じて、国や東京都が中・長期的な温室効果ガスの削減目標や対策等を示した計画を策定する中、練馬区では、2009年(平成21 年)に「練馬区地球温暖化対策地域推進計画」を策定。目標達成に必要な計画推進の担い手として、地球温暖化対策推進法(温対法)に基づく「地域協議会」の設立を計画しました。そして、2010年(平成22年)に、練馬区内の民生部門(家庭・業務)における温暖化対策を効果的に推進するため、区民、事業者、区等が連携した練馬区地球温暖化対策地域協議会が発足しました。

 その後、「練馬区環境基本計画2011(後期計画)」が地域推進計画を包含。「練馬区環境基本計画2020」では、さらに気候変動適応法の「地域気候変動適応計画」としても位置づけました。

 「練馬区エネルギービジョン」に基づく省エネルギー化や分散型エネルギーの普及拡大とともに、地球温暖化の緩和対策、集中豪雨や熱中症対策など地球温暖化への適応対策など、環境負荷が少ない持続可能なまちづくりに取り組んでいます。

 →詳しくはリンクをご覧ください。

練馬区の地球温暖化対策の目標

 練馬区は、温室効果ガス削減目標として国と同水準の削減目標を掲げています。

削減目標 2030年度(令和12年度)までに温室効果ガス排出量を2013年度(平成25年度)比で26%削減する。

出典)練馬区環境基本計画2020(練馬区)、ねりまのかんきょう(練馬区)をもとに作成

練馬区の温室効果ガス排出状況

年度 基準年度
2013年
(H25)
実績値
2014年
(H26)
実績値
2015年
(H27)
実績値
2016年
(H28)
実績値
2017年
(H29)
実績値
排出量
(千t-CO2eq)
2,273 2,170 2,027 1,972 2,032

出典)ねりまのかんきょう(練馬区)

練馬区の部門別二酸化炭素排出量

 国、東京都、練馬区の部門別二酸化炭素排出量をみると、練馬区は家庭部門が全体の約50%を占めており、全国や東京都全体と比べても特に高い特徴があります。また、区内の二酸化炭素排出量は近年減少傾向にありますが、家庭部門の削減率は他の部門と比べて停滞気味です。

 大都市東京の周辺部に位置する住宅都市である練馬区の温暖化対策としては、家庭における二酸化炭素削減・省エネが重要です。

国、東京都、練馬区の部門別CO2排出量の割合 比較年:2016(平成28)年

練馬区の部門別CO2排出量の推移

練馬区における家庭部門の取り組み

エコライフチェック

 エコライフチェックは、区民の実際の生活において、エコライフを意識して取り組んだ場合の行動と、通常の生活行動を比較しながらチェックし、その差を二酸化炭素(CO2)削減量に換算して表示することでエコライフの効果を区民自身で確認することができるという取り組みです。区民と練馬区が共同して開発した参加型の普及啓発事業です。

 簡単に参加できることと、取り組んだ効果が見えることが特徴です。

 具体的には、「長時間使わない電気器具をコンセントから抜いた」などの12の項目について、参加者が決めたエコライフデーとそれ以外の日のそれぞれで実行できたかどうかをチェックします。このチェック票を練馬区が回収して集計すると、参加者全体で、エコライフに取り組んだ日とそれ以外の日の実行率の差が出てきます。これをCO2量に換算すれば、エコライフデーに普段よりどのくらいCO2量が減らせたかを計算できます。この集計結果を参加者に伝えることで、エコライフを意識した行動にどのような効果があったか、自身で確認することができます。

 →詳しくは「エコライフのすすめ」(ねり☆エコ)、「エコライフチェック」(練馬区)をご覧ください。

再生可能エネルギー・省エネルギー設備設置補助制度

 太陽光発電設備や家庭用燃料電池システムは、日常生活における温室効果ガスの発生を抑制する効果がありますが、設備の設置には多額の費用がかかります。

 そこで、練馬区では2006年度(平成18年度)から、これらの設備を設置した方に、その費用の一部を補助することにより、再生可能エネルギー・省エネルギー設備の区内への普及を促進しています。2010年度(平成22年度)から小規模事業者への補助、2013年度(平成25年度)からは管理組合への補助も行っています。

 なお、申請の要件や方法などの詳細は、練馬区のホームページ「再生可能エネルギー・省エネルギー設備 設置補助制度」をご覧いただくか、練馬区の補助金担当者にお問合せください。

環境保全を進める区民の育成

 練馬区と協力して自ら環境保全の活動を行うとともに、地域における環境保全を進めるための核となる人材の育成を進めています。ねりまエコ・アドバイザーは、育成講座「ねりま環境カレッジ」の修了者を練馬区長が委嘱するものです。また、令和2年度からは、「つながるカレッジねりま」に環境分野を開設し、人材の育成を進めています。

 また、環境省から公益財団法人日本環境協会が引継いで実施している「こどもエコクラブ」事業に参加する練馬区内の「こどもエコクラブ」を練馬区は地域事務局として支援し、こどもの環境活動を促進しています。

普及啓発事業

 毎年6月には環境月間行事、10月にはねりまエコスタイルフェアのイベントを、環境保全の取り組みを行っている区民や事業者とともに開催し、地球温暖化防止をはじめ、生活や事業活動における環境配慮を呼びかけています。

 また、小中学生を対象に環境作文コンクールやこどもエコ・コンクールを開催し、子どもたちの環境問題に対する意識の向上などに努めています。このほか、さまざまな講演会の開催、インターネットホームページによる環境情報の発信などにより、環境保全の普及啓発を行っています。

 ねり☆エコ(練馬区地球温暖化対策地域協議会)もその一翼を担っています。

令和2年11月27日更新

ページの先頭に戻る