区民・事業者・練馬区等がともに地球温暖化防止をめざす

練馬区地球温暖化対策地域協議会とは

沿革

平成22年5月
練馬区地球温暖化対策地域協議会設立
平成22年7月
環境省「地球温暖化対策地域協議会」登録
平成22年10月
ホームページ開設
平成23年5月
東日本大震災の発生にかかる緊急節電アピール 宣言
平成23年10月
協議会の愛称「ねり☆エコ」が公募により決定
平成24年3月
ホームページリニューアル
https://www.nerieco.com/
「マスコットキャラクター」誕生
平成24年10月
「マスコットキャラクター」の名前「ねりねこ☆彡」、「ねりこんvv」が公募により決定
平成26年7月
気候変動キャンペーン「Fun to Share」参加登録 詳しくはこちら(環境省のページ)
平成28年9月
地球温暖化対策のための国民運動「COOL CHOICE」賛同登録
詳しくはこちら(環境省のページ)
平成28年12月
低炭素杯2017「優良賞」受賞(主催:低炭素杯 2017 実行委員会 委員長 小宮山宏 後援:環境省、文部科学省 他)

設立総会(平成22年5月)

設立の目的

練馬区地球温暖化対策地域協議会は、地球温暖化対策の推進に関する法律および練馬区環境基本計画に基づき、区民、事業者、練馬区等が、相互に連携して区の地域における日常生活に起因する温室効果ガスの排出量の抑制のために必要となるべき措置について協議し、および実施することにより、区の地域における地球温暖化対策の推進を図ることを目的としています。

活動の方針

練馬区地球温暖化対策地域協議会の活動方針は、つぎのとおりです。

  1. 本協議会は、練馬区の地域における地球温暖化対策に関して、会員相互の連携協力の場づくりを積極的に進めます。
  2. 本協議会は、会員相互にとどまらず、練馬区および地球温暖化対策の推進のために活動する多くの人たちとの連携協力の場づくりを積極的に進めます。
  3. 本協議会は、連携協力の力を活用し、区民および事業者に対し地球温暖化対策に関する積極的な働きかけを行います。
  4. 本協議会は、練馬区環境基本計画に基づく取り組みを積極的に検討し、その実現を目指します。
  5. 本協議会は、協議会活動のための体制を整備しながら、組織の拡充を図ります。

会長あいさつ

横倉尚会長

練馬区地球温暖化対策地域協議会
会長 横倉 尚

 地球温暖化の加速化とともに、豪雨や砂漠化、海面の上昇、生物生息環境の変化等、様々な気候変動による影響が発生し、世界規模で深刻な問題となっています。練馬区では、2010年(平成22年)5月、区民、事業者、区等との連携・協力により、地域における日常生活に起因する温室効果ガスの排出を抑制するため、練馬区地球温暖化対策地域協議会が発足し、お陰様で設立10周年を迎えることができました。「地球温暖化対策の推進に関する法律」および「練馬区環境基本計画」に基づき、普及・啓発事業を中心に、現在29団体で活動しています。この協議会の公募で決まった愛称は、「ねり☆エコ」です。

 地球温暖化に対する地球規模での取り組みについては、従来の先進国による京都議定書の第二約束期間が終了する2020年(令和2年)以後の枠組みとして、全ての主要排出国が参加する「パリ協定」が2015年(平成27年)12月採択されました。その後、締約国会議で具体化のためのルールづくりが進められ、2018年(平成30年)10月にはIPCCの「1.5℃特別報告書」が採択されるなど、パリ協定の「産業革命以降の平均気温の上昇を2℃より十分低く抑えるとともに、1.5℃に抑える努力を追求する」という目標に向け、温室効果ガス削減に取り組んでいくことになっています。練馬区においても、国や東京都とともに、各種対策が進められています。

 地球温暖化の大きな要因の一つとして、私たちが豊かで便利な生活を営む中で排出されている二酸化炭素が挙げられています。特に練馬区は住宅が多く、日常生活から発生する二酸化炭素などの温室効果ガスの割合が高くなっています。そこで、区民、事業者、区等が連携協力して、温室効果ガスの排出をこれまで以上に減らしていく「緩和」対策の推進が強く求められています。

 こうした中、近年の夏の記録的な猛暑や非常に強い台風の関東への上陸など、練馬区においても「地球温暖化の影響ではないか」と感じるような気候の変化がみられます。熱中症予防策や集中豪雨への備えなど、地球温暖化の影響・被害に備える「適応」対策の取り組みも重要になってまいりました。

 また、今年は新型コロナウイルス感染拡大により大きな被害がでていますが、地球温暖化によるマラリアやデング熱など熱帯地域の感染症のリスクが日本にも広がってくるという懸念も指摘されています。

 ねり☆エコは、パリ協定に基づく新たな取り組みが求められている今、最新の知見を踏まえ、講演会・コンクール・イベント等の啓発事業やこのホームページ等を通じて、地球温暖化に関する情報発信や普及・啓発に努め、皆様とともに、地域における地球温暖化対策を更に進めてまいります。

令和2年5月