区民・事業者・練馬区等がともに地球温暖化防止をめざす

練馬区地球温暖化対策地域協議会とは

沿革

平成22年5月
練馬区地球温暖化対策地域協議会設立
平成23年10月
愛称「ねり☆エコ」決定
平成24年3月
「マスコットキャラクター」誕生
平成24年10月
「マスコットキャラクター」名前決定
「ねりねこ☆彡」、「ねりこんvv」
平成26年7月
気候変動キャンペーン「Fun to Share」参加登録
平成28年9月
「COOL CHOICE」賛同登録
平成28年12月
低炭素杯2017「優良賞」受賞

設立総会(平成22年5月)

設立の目的

練馬区地球温暖化対策地域協議会は、練馬区環境基本計画2011(後期計画)に基づき、区民、事業者、練馬区等が、相互に連携して区の地域における日常生活に起因する温室効果ガスの排出量の抑制のために必要となるべき措置について協議し、および実施することにより、区の地域における地球温暖化対策の推進を図ることを目的としています。

活動の方針

練馬区地球温暖化対策地域協議会の活動方針は、つぎのとおりです。

  1. 本協議会は、練馬区の地域における地球温暖化対策に関して、会員相互の連携協力の場づくりを積極的に進めます。
  2. 本協議会は、会員相互にとどまらず、練馬区および地球温暖化対策の推進のために活動する多くの人たちとの連携協力の場づくりを積極的に進めます。
  3. 本協議会は、連携協力の力を活用し、区民および事業者に対し地球温暖化対策に関する積極的な働きかけを行います。
  4. 本協議会は、練馬区環境基本計画2011(後期計画)に基づく取り組みを積極的に検討し、その実現を目指します。
  5. 本協議会は、協議会活動のための体制を整備しながら、組織の拡充を図ります。

会長あいさつ

横倉尚会長

練馬区地球温暖化対策地域協議会
会長 横倉 尚

 地球温暖化の影響により、海面の上昇や異常気象等が発生し、世界規模で深刻な問題となっています。練馬区では、区民、事業者、区等との連携・協力により、地域における日常生活に起因する温室効果ガスの排出を抑制するため、練馬区地球温暖化対策地域協議会が、平成22年(2010年)5月に発足し、「地球温暖化対策の推進に関する法律」等に基づき、普及・啓発事業を中心に、現在29団体で活動しています。この協議会の公募で決まった愛称は、「ねり☆エコ」です。

 地球温暖化に対する地球規模での今後の取り組みについては、平成27年12月、フランスで開催されたCOP21において、「京都議定書」の後の新しい地球温暖化対策の枠組みに関する協議が行われ、「パリ協定」が採択されました。この中で「産業革命以降の世界の平均気温の上昇を2℃より十分低く抑えるとともに、1.5℃に抑える努力を追求する」という目標が打ち出され、発展途上国を含むすべての国が温室効果ガス削減目標に向け、取り組んでいくことになりました。こうした新たな枠組みの中で、練馬区においても、国や東京都とともに、温室効果ガス削減の新たな目標が定められたところです。

 地球温暖化は、私たちが生活や事業活動において大量のエネルギーを使用し、暮らしの中で排出される二酸化炭素などが大きな要因の一つとなっています。特に練馬区は、住宅地が多い地域特性から、日常生活から発生する二酸化炭素などの温室効果ガスの割合が高くなっています。そこで、区民、事業者、区等が連携協力して、温室効果ガスの排出を、これまで以上に減らしていくことが強く求められています。

 ねり☆エコは、講演会・コンクール・イベント等の啓発事業やこのホームページ等を通じて、地球温暖化に関する情報発信や普及・啓発に、これまで努めてまいりましたが、今後も、皆様とともに、地域における地球温暖化対策を更に進めてまいります。

平成30年2月