夏休み!ねりま環境まなびフェスタ
令和4年7月30日(土)10:00〜16:00
会場:ココネリ3階〈入場無料〉

主催:ねり☆エコ 練馬区地球温暖化対策地域協議会・練馬区環境部

体験型講座「ゲームで学ぼう!私たちの食べ物と地球温暖化のつながり」当日レポート

日時:令和4年(2022年)7月30日(土)午前10時~正午
会場:ココネリ3階 研修室1
対象:区内在住・在学の小学4年生以上と保護者
定員:60名

講師:近藤 惠津子 氏(NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン 理事長)

【プロフィール】
多摩南生活クラブ生活協同組合理事長、生活クラブ生活協同組合・東京副理事長などを歴任。この間、NPO法人アビリティクラブたすけあい理事、NPO法人東京ランポ理事などを経てNPO法人コミュニティスクール・まちデザイン理事長。栃木県フードマイレージ削減チャレンジ事業 審査委員長 、 農林水産省 国産農作物消費拡大事業のうち「和食」と地域食文化継承推進委託事業における地域検討委員なども歴任。

近藤 惠津子 氏

概要

 「夏休み!ねりま環境まなびフェスタ」との同時開催で、体験型講座「ゲームで学ぼう! 私たちの食べ物と地球温暖化のつながり」を開催しました。当日は事前申込抽選の結果当選した区内在住・在学の小学4年生以上と保護者42名が参加しました。

 講座の前半は「お買い物ゲーム」を通して、私たちが日ごろ食べている食材が世界各地からやってきていることを学びました。子どもたちはチームで協力して食材カードを集めて地図に貼り付けました。大人は各食材の輸入量について一番多い国を考えました。参加者からは「知らなかった」という声が聞かれました。

 後半はクイズを交えながら、「食料自給率」「バーチャルウォーター(※)」「フードマイレージ(※)」「地産地消」「食品ロス」をキーワードに、日本の食べ物の現状を学びました。

 自給率が低く輸入に頼っている日本にはバーチャルウォーターがたくさんあり、世界の水不足にも無関係ではないということを知りました。輸入量が多いということはフードマイレージが高く、石油をたくさん使い、それだけ二酸化炭素も排出し地球温暖化を進める原因になっています。

 講座の最後には参加者自身が「わたしの決意表明」を考え、さまざまなアイディアが発表されました。

※バーチャルウォーター
食料を輸入している国が、その食料を自国で生産した場合に必要となる水の量

※フードマイレージ
食料が生産地から食卓に並ぶまでの輸送にかかった距離のこと。食料の輸入量(t)×運ぶ距離(km)で算出

会場の様子

「夏休み!ねりま環境まなびフェスタ」と同時開催

当日の様子を動画でご覧になれます

体験型講座「ゲームで学ぼう!私たちの食べ物と地球温暖化のつながり」
1/2

体験型講座「ゲームで学ぼう!私たちの食べ物と地球温暖化のつながり」
2/2

体験型講座「ゲームで学ぼう!私たちの食べ物と地球温暖化のつながり」

「地球の健康のためにどう食べていけばいいか」考えてみましょう

 私たちは一日3回食事をしますが、何のために食べているのでしょう?

  • 成長するため
    今、みなさんは小学生ですが、きっと20年後にはもっと体が大きくなっていますね。
  • 元気に活動するため
    食べないとエネルギーがなくなって、走り回ったりできません。食べることによって、元気に活動ができるようになります。
  • 生きるため
    食べないと人間は生きていけません。生きるために食べています。

 私たちは、成長するため、元気に活動するため、生きるために食べていますが、それは自分のために食べています。今日は「自分のためだけに食べればいいの?」ということを考えてみましょう。「地球の健康のためにどう食べていけばいいか?」がテーマです。(資料1)

 私たちが住んでいる地球は元気だと思いますか? 今日もとても暑いですし、すごい雨が降ったりします。

 今は、「地球が元気ではないのではないか?」と言われていて、これ以上、地球が元気でなくなると、食べ物が作れない地球になってしまうかもしれないのです。

 私たちが毎日ご飯を食べるのは自分のためだけど、地球がずっと元気でいられて、食べ物を作り続けられる状態であるために、どんな食べ方をしたらいいか、一緒に考えていこうと思います。

資料1

お買い物ゲーム「私たちの食べ物はどこからきているのか?」を考える

 最初に「私たちの食べ物はどこからきているのか?」ということを知るために「お買い物ゲーム」をします。(資料2)

〈お買い物ゲームのルール〉
①各チーム、くじ引きで5種類の中から担当メニューを決める。
メニュー5種:豚カツ&エビフライ、天ざるそば、チキンカレー、スパゲッティミートソース、ハンバーグステーキ
②食材カードを各テーブルに持ち帰り、白い紙の上に広げる。
③担当メニューに必要な食材カードを選んで、料理の横に並べる。ポテトサラダ・スープなどの副菜、めんつゆ・ドレッシングなどの調味料の食材カードも選ぶ。

資料2

10チームに分かれて対戦

食材カード

メニューに必要な食材を選ぶ

 答え合わせではありませんが、「メニューごとの食材表」を配ります。今からお買い物ゲームの点検作業をしてもらいます。

〈点検作業〉
①配られた表の自分の担当メニューを見る。1位~3位までの輸入元の国が記載されている。
②赤字で書かれた国の輸入食材を食材カードから選ぶ。
③担当の食材カードを、前方のホワイトボードに貼られた地図に貼り付ける。

※①~③は子どもだけで行う。大人用の食材表は輸入元の1位が空欄になっているので、その穴埋めを実施。カードを貼り終えた子どもたちから正解の表を見せてもらって自己採点をする。

メニューごとの食材表(子ども用)

メニューごとの食材表(大人用)

食材カードを地図に貼る子どもたち

大人は表の空欄を予想

 子どもたちに輸入元1位から3位までの食材カードを、地図に貼ってもらいました。見てもらうと、アメリカと中国に多くの食材カードが集中しています。この2つの国からたくさん日本は食べ物を買っているということです。

 それ以外にも、スペインからニンニク、トルコからスパゲッティ、チリからレモンなど、意外に遠い国からもきています。そのまま食べるものだけでなく、加工食品や冷凍食品、飲食店の料理の材料にもなっています。

 私たちが気付かなくても、身近な食料は世界中からやってきているということが、このお買い物ゲームで分かります。食材表を見てもらうと「こんな国からも来てるんだ!」と発見があると思いますので、家に帰ってもう一度、この表を確認してみてください。

食材カードが貼られた地図

自給率とは? ~日本の自給率はどれくらい?~

 食材表の「チキンカレー」の欄に、チキンカレーとサラダを作るのに必要な材料が書いてあります。その隣の欄は輸入量(外国から買っている量)です。例えば鶏肉は、多い順にブラジル、タイ、アメリカから買っています。

 表の一番右側に「自給率」とあります。「自給率」とは、日本で必要な食料の量を100とした時に、どれくらい日本国内で作れているかを示したものです。例えば、全部日本で作っていたとしたら、自給率100%、全部外国から買っていたら自給率0%、半分輸入していたら50%です。(資料3)

資料3

 では、私たちの体を作っている食べ物全部を合わせて、日本の自給率は何%くらいだと思いますか?(資料4)

資料4

 答えは「約40%」。日本の政府が発表している食料自給率は37%です。(資料5)

資料5

 今度は、お買い物ゲームで使った食材表を見ていきます。

 「輸入量」の欄で一番多いのは小麦で、5,373,855トン。小麦の自給率は15%です。全部を100として、たった15しか作れていません。「自給率」が一番低いのは、エビの8%です。ほとんど輸入に頼っているということですね。(資料6)

資料6

 食材表の〈参考〉のところを見ると、小麦よりも輸入量が多いものがあります。とうもろこしが一番輸入量が多く、2番目が小麦、3番目が大豆です。そしてエビよりも自給率が低いものがあります。(資料7)

 不思議なのが、とうもろこしの自給率が0%になっていること。とうもろこしは日本で作っていますよね。北海道産コーンなどがあります。

 これは統計上の名前の違いがあるためです。蒸したり焼いたりして食べるとうもろこしは「スイートコーン」という種類で、統計上では「野菜」に分類されます。

資料7

 この表に書いてある「とうもろこし」と、私たちが食べている「スイートコーン」は別のものです。畑で採れたらすぐに食べないと傷んでしまうので、「スイートコーン」はほとんどが自給です。

 この自給率0%のとうもろこしは何かというと…。

 ポップコーンを作ったことがありますか? バラバラで乾いたような感じで、みなさんが食べる普通のとうもろこしと種類が違います。それは「野菜」ではなく「穀物」に分類されます。

 そのとうもろこしは日本でも作ってはいますが、とても量が少ない。必要な量のほとんどを外国から輸入しているので、自給率は限りなく0に近いでのす。これは気が付きにくい輸入なので、覚えておいてください。

 なぜそんなに輸入するかというと、使いみちがたくさんあるからです。例えば家畜のえさ、コーン油、コーンスターチ、コーンフレーク、清涼飲料水の果糖やブドウ糖、お菓子の水あめなど。では、この使いみちの中で、何に使うことが一番多いでしょうか?(資料8)

資料8

 正解は「家畜のえさ」。大体65~70%は家畜のえさになるそうです。(資料9)

 そのまま食べるとうもろこしなら産地が書いてありますが、肉を買っても「えさはアメリカ産」とは書いてありません。そのため輸入された食品が含まれていることに気付かないのです。スーパーで国産のものを選んで買ったつもりでも、いつの間にか輸入されたものを食べているのです。

資料9

 日本では、60年前は80%くらい自国で食べ物を作っていましたが、どんどん下がっていき、今は半分以上を輸入に頼っています。そして、たくさん輸入している「とうもろこし」などは、輸入されたものだと気付きにくいということを覚えて帰ってほしいです。(資料10)

資料10

バーチャルウォーターとは? ~日本はバーチャルウォーターの多い国~

 とうもろこしはどこで作りますか? 畑ですね。畑で作るものは「農作物」といいます。農作物を作るのに必要なものは何でしょうか?

 農作物を作るためにはいろいろなものを使います。たくさんのものを輸入しているということは、外国でこういったものを使っているということです。(資料11)

資料11

 では、クイズです。日本で使っている農地を1としたとき、日本向けの農作物を作る外国の農地の面積はどれくらいだと思いますか?(資料12)

資料12

 正解は2.5倍です。(資料13)

 日本の倍以上の土地で農作物を作っているということは、日本国内では土地が足りなくて同じ量を作れないですね。さらに土地以外にも、外国で使っているものがあります。

資料13

 食べ物や他に輸入しているものを作るために、相手の国で水を使います。そういう水を「バーチャルウォーター」といいます。(資料14)

 私たちが外国から買っているとうもろこしや鶏肉を作るために水が使われているので、隠れた水を輸入しているということになります。

 そして、日本は国内で使っている水とほぼ同じ量の水を、外国でものを作ってもらうのに使っています。日本は世界の中でも、バーチャルウォーターが多い国です。

資料14

 では、バーチャルウォータークイズを1問出します。

 100gの牛ステーキ肉があります。この牛肉に潜んでいるバーチャルウォーターは、1リットルの牛乳パック何本分でしょうか?(資料15)

資料15

 正解は2,000本分です。これは牛の飲む水ではなく、牛が食べるえさのためです。(資料16)

 牛のえさを作るために、とうもろこしや草を作ります。牛肉には、重さの11倍のえさが必要といわれていて、100gの牛肉のえさを作るために2,000本分の水が使われています。

 地球が元気じゃなくなっていると話しましたが、世界中のあちこちで「水不足」が問題になり、食物が作れなくなっています。

資料16

フードマイレージとは? ~フードマイレージが高い日本~

 そして、輸入するためには運んでこなければなりません。食べ物はどうやって運んでくると思いますか?

 大きな貨物船で運んできます。アメリカからだと25日くらいかかるそうです。急いでいるものは飛行機で運ぶこともありますが、たくさんは運べないので基本的には船で運んできます。いずれにしても、船や飛行機を動かさなくてはなりませんが、動かす燃料は何でしょうか?(資料17)

資料17

 船や飛行機の燃料は石油です。では、食べ物を運ぶための石油の量は何によって決まるでしょうか?(資料18)

 例えば、ここ(練馬)にいる子どもたちでバスに乗って出かけるとします。池袋駅と東京駅、どちらに行く方がバスを動かすための燃料をたくさん使うでしょうか? また、子どもたちだけで行くのと、家族も一緒に行くのと、どちらがたくさん燃料を使うでしょうか?

 池袋と東京では、東京に行く方が燃料をたくさん使います。遠い方が使う量が多いです。「運ぶ距離」によります。家族も一緒だと、1台では乗り切れないのでバスがたくさん必要です。これは「運ぶ量」によります。

 この「運ぶ距離」と「運ぶ量」の二つによって、使う石油が多いか少ないかが決まります。

資料18

 そこで、難しい言葉をもう一つ覚えてもらいます。

 この「運ぶ距離」と「運ぶ量」によって運ぶために使う石油の量が違う、ということを示す数字を「フードマイレージ」といいます。(資料19)

資料19

 フードマイレージは「食料の輸入量×運ぶ距離」という式で算出します。たくさんの食料を遠い国から運ぶと、この数字は大きくなりますね。その状態を「フードマイレージが高い」といいます。フードマイレージが高いというのは、たくさん石油を使っているということを意味します。(資料20)

 石油をたくさん使うと、二酸化炭素を多く出します。二酸化炭素がたくさん出ると、地球温暖化を進めてしまいます。

 20年くらい前は、日本は世界で一番フードマイレージが高い国でした。この時点では、食べ物を外国から運ぶために、世界で一番石油を使って二酸化炭素を出していたということです。

 日本は人口が減ってきているため、フードマイレージは少しずつ下がっていますが、輸入に頼る構造は変わっていないので、依然フードマイレージが高い状態には変わりありません。

資料20

地産地消とは? ~地球にやさしい食べ方のキーポイント~

 たくさんの食べ物を輸入している日本は「バーチャルウォーター」をたくさん使っています。水不足の問題は遠い国のニュースと思うかもしれませんが、もしかしたら私たちの食べ物が原因の一つかもしれません。もっと状況が悪くなると「砂漠化」になります。砂漠にはならなくても、水がなくて作物が作れない土地が世界には増えているそうです。(資料21)

 そしてフードマイレージが世界で1位だったこともある日本は、気が付かないうちに外国からたくさんの食料を輸入し、運ぶために石油を使って二酸化炭素をたくさん出しています。

資料21

 そこで、みなさんに考えて欲しいのが、一番最初に話したように「自分のためだけではなく、地球の健康をよくするためによいものを食べませんか?」ということです。地球にやさしい食べ方を考えましょう、つまり「フードマイレージをもっと下げませんか?」という提案です。(資料22)

 フードマイレージは「運ぶ距離」と「運ぶ量」のかけ算なので、どちらかを減らせば下げられます。外国からの輸入に頼らず、国内で作ったものを食べれば、フードマイレージは下がります。距離を短くするにはどうしたらいいでしょう? 外国産ではなく国産、国産でも自分の近くのものを食べたら、運ぶのに石油を使いませんね。

資料22

 みなさんが住んでいる練馬区は、農家の方がたくさんいて、いろいろなところで農産物を買えます。そういうものを買って食べたら、地球にやさしいと思いませんか? このように自分の住んでいる地域で採れたものを、地域の人で食べていくことを「地産地消」といいます。(資料23)

 何から何まで練馬で採れたものを食べるというのは難しいですが、今日勉強したように「この食べ物はどこから来たのかな?」と考えたり、なるべく近くで採れたものを選んだりするだけでも「地球にやさしい食」ということになります。

 もう一つ、近くで採れたものを食べるともっといいことがあります。新鮮なものが食べられます。私たちの健康にもつながりますので、ぜひこの「地産地消」を意識して欲しいです。

資料23

食品ロスとは? ~1日に一人当たりおにぎり1個分を捨てている?!~

 もう一つ考えて欲しいことがあります。輸入したものや作ったもの、私たちは全部食べていると思いますか?

 残念ながらたくさん捨てています。作りすぎて食べきれなかった、嫌いだから残して捨てた、そういった、本当は食べられるのに捨てているもののことを「食品ロス」といい、日本はそれがとても多いです。(資料24)

資料24

 食品産業(食品工場、販売店、飲食店など)をはじめ、家庭からも多くの食品ロスが出ています。この量を1年365日で割ると、一人当たりおにぎり1個分の食べ物を、毎日捨てていることになります。(資料25)

資料25

 食べ物を無駄にするということは、それを作るための水や、運ぶための石油も無駄にするということです。とてももったいないことですから、ぜひ、無駄にしないように食べましょう。(資料26)

 世界には食べ物がなくて病気になってしまう人もたくさんいます。一方で食べ物を捨てている国もあるのに、足りない国もあります。そういうことも考えて、大事に食べていく必要があります。

資料26

今日から実行!「わたしの決意表明」

 今日はいろいろなことをお話ししてきましたが、外国から食料を輸入している私たちは、地球環境に影響を与えながら毎日ご飯を食べていることが分かってもらえたと思います。

 「わたしの決意表明」を書いてみましょう。家族やお友達と相談して、考えてみてください。(資料27)

 農業を続けるのはとても大変なことで、日本では農業をする人がどんどん減っています。でも、食べる私たちが、作っている人の顔が見えて「美味しいです」と伝えることができれば、農家の人も頑張って作り続けてくれると思います。そういうことが練馬区ではできます。練馬のものだけで全部とはいきませんが、身近に農業をしてくれている人、農業をしている場所があるということを大事にして、地産地消を広げていってほしいなと思います。

資料27

参加者の決意表明

  • 食品ロスをしない。できるだけ地域で採れたものを食べる。
  • ごはんを残さない。
  • 賞味期限が近いものから食べる。残さず食べる。地産地消を頑張る。ちょうどいい量でごはんを作る。

事前質問への回答

Q.地球温暖化するとマンゴーなどの南国フルーツが日本でも作れるようになりますか?

A.もう作れるようになり始めていますが、喜んでばかりはいられません。日本で昔から作られているリンゴの産地がどんどん北に移動していて、いつか日本ではリンゴが作れなくなるかもしれません。今まで食べていたものが、地球温暖化によって作れなくなってしまうこともあるのです。徐々に作れるものが変わってきているのが現状のようです。

Q.加工食品の産地はどのようにして調べればいいですか?

A.2022年4月から食品表示の法律が変わりました。以前は冷凍食品などの加工食品は産地表示が不要でしたが、変更後は主な原材料の産地表示が必要になりました。時期によって産地が変わるなどの理由で、詳細に表示できない場合もあるようですが、インターネットで産地を掲載しているメーカーもあるので、検索してみてください。

Q.地球温暖化を止めるには、私たちがたくさん我慢することが必要ですか?

A.今日勉強した、食べ物を残さない、地産地消をする、そういったことが地球温暖化を止めることにつながります。地球にやさしい食べ方ができたらシールを貼るとか、我慢ではなく前向きに考えると楽しく実行できると思います。

最後に

 私からの夏休みの宿題です。今日、短い時間で決意表明をしてもらいましたが、おうちでもう一度やってみてください。うまくいった日はカレンダーにシールを貼ったり、練馬産の野菜を買った日には印をつけてみたり。その印が今月より来月、来月よりその次と増えていったら、確実にみなさんは地球にやさしい食を実行しているということになります。それは自慢していいことです。

 そんな風に楽しく少しずつトライしていくことで、なんとか地球の健康を取り戻しましょう! みなさんが大人になったときにも食べるものがたくさんあるような、そんな地球にしていきたいと思います。

資料28

参加者の声

  • 学校で配布されたチラシを見て申し込みました。ちょっと難しいけど楽しい。(小学4年生)
  • なんとなく興味があったから受けてみました。(小学6年生)
  • 内容は難しくはないです。面白いです!(小学5年生)

 私たちの食事が地球環境に影響を与えているということを知り、「地球にやさしい食べ方のために地産地消に取り組みましょう」という提案を、身近な課題として捉えることができました。ゲームでは、子どもたちが少し難しい内容にも楽しく取り組んでいる様子が印象的でした。大人の方も新しい発見があったのではないでしょうか。

ページの先頭に戻る